幻のおいしさ

「雪ほたか」

群馬県 川場村産こしひかり

昔から稲作の盛んであると言われた川場村。川場村のコシヒカリ「雪ほたか」は、日本百名山武尊山より湧き出るミネラルたっぷりの天然水と、生産者の丁寧な管理により、毎年大切に育てられています。
その存在は大変貴重とされ、一般には流通しない「幻のお米」として村民の縁故関係者のみに食されてました。また、平成16年以来8名の斎耕者が、宮中において天皇・皇后陛下の拝謁を許され新穀を献上することも有名です。近年は、「全国米・食味分析鑑定コンクール」にて、連続金賞受賞など、

その品質は大きな実力としても認められてい参りました。
そして、2018年2月には世界最高米に認定されました。

弊社スタッフ全員が「雪ほたか」の味に惚れ込んでいます。

弊社炭鍋「楽ごころ」で炊いてみたところ、米の中心から暖かくジューシーな甘みが出て、これまでのお米とは一味違うとはっきりわかりました。
先味より後味が強く、噛めば噛むほど美味しさが増します。
岩塩をパラッとかけるだけで何杯でも食べれそうです!

以下のラインナップで販売しております。
・300g(2合)
・2kg
・5kg
・10kg